EXPERIENCE

リアルビジネス

大手総合酒類メーカーにて…

ネットビジネス

日本初の医療系ネットベン…

失敗体験(1)

競合商品に対して、「自社…

失敗体験(2)

都市型インターネットデー…

成功体験(1)

日本で初めて、セルフサー…

成功体験(2)

連結グループ会社の管理と…

CAREER

事業会社にて、経験した実務の棚卸をしてみました。
事業会社は、既知のフレームワークを活用するだけではなく、事業活動を通じて自らフレームワークを創ることが必要となります。
事業(Business Strategy)と全社(Corporate Strategy)、多様な成長ステージにおいて、持続的な企業価値向上に尽力してきました。

詳細は、このリンクをクリック頂きましてご覧ください。

VALUE PROPOSITION

長く事業会社に従事した後、独立し、多くのクライアントさまのサポートをさせて頂いております。

 

「企業規模に関わらず」、経営者や経営幹部の方々から伺う、お悩みの多くは共通しています。
経営環境、特に外部環境の変化が著しい中で、顧客に対してではなく、社内に対するリソースが慢性的に増加しているということです。

全社的な経営計画を、現場レベルで体感できる・肝に落ちる計画・戦略に噛み砕き、落とし込むこと。新たな企画(Planning)・KPIの観察(Monitoring)・適切な管理(Management)を行い、迅速な事業活動(Action)が不可欠であると伺います。

 

経営資源の最適配分が必要なのですが、再配分を待つ間に、更にリソースを消費していくことから、企画機能の補完として、これまでご支援させて頂いております。

また、「企業規模に関わらず」、追加費用は固定費ではなく変動費化したい、オーバーヘッドコストを低減したい、という観点からもご活用頂いております。

 

=====

2021年からコーポレートガバナンスは、更に重要な経営マターになるようです。

上場・非上場に関わらず、企業経営としては、内輪の議論ではなく、健全な議論が行われ、中長期的な企業価値向上がより求められていくものと思われます。
定量的には、資本コストと向き合い、出資者の期待収益を上回る経営が求められるものと思われます。

外部機能の活用は、第三者の視点を加えて、「経営の客観性と企業の成長性を両立するためにも活用できる」とお考え頂くことも一案ではないかと存じます。

SERVICE

シナリオ

経営者、経営幹部が持つ思…

ビジョン

コンセプトを広く共有し、…

プランニング

ビジョン達成に向けた中期…

モニタリング

プラン(計画・戦略等)実…

バジェッティング

売上高・営業利益から将来…